読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食欲と性欲の狭間で

生きている、頭からっぽ公務員@アラサーの女子日記

ヘビースモーカーな35歳

3ヶ月に1度くらい?忘れた頃に「元気?彼氏とうまくいってる?」と連絡してくる年上自営業男と久々に会ってきた。

異業種交流飲み会で知り合って2年。金回りがいい男で、焼き肉おごってもらったり何回かサシで飲みにも行ったが、結局なんにも起こらず友達のままでいる相手。

彼氏ができてからは返信も気まぐれにしかせず、二度と会うことはないだろうと思っていた。

この人、年齢のせいかタバコの吸いすぎか(もしくは私の魅力が足りないのか?)知らんが、私に性欲がわかないらしい。

こっちからほのめかしても据え膳しても完全スルーで一切がっついてこなかった。

パーッとおごってくれるし気のいい人なので喋り友達でいるという感じ。

その日はちょうど彼氏と会えない土曜の夜だった。

生理中でただでさえ憂鬱ムードな上に外は大雨。出かける気も起きず部屋でネットサーフィンしていた所にきた連絡。

普段なら気にも留めない内容なのに、すべてはタイミングである。

「心の隙間」ってやつがふっとできたその一瞬に滑り込んできた、「元気してる?あいたいね」が突き刺さる。即返信。

ラインのやり取りではもどかしく電話になり。

電話でももどかしく、積もる話もあるしファミレスでも行こうぜってことで、あれよあれよでマンション下に奴のハリアー到着。

久々に会ったスモーカー氏、ヘビーな吸いっぷりは全く変わってない。こいつに比べたら彼氏なんて可愛いレベルだわ。

髪をばっさり切ったことをいじられつつ、適当なファミレスを目指して車を走らせる。

もとがおしゃべりなんだが、積もりまくったここ2年間の女の話を順番に聞かされる。

なんだ、他の女には手ぇ出してるじゃねえかよ!とか心の中でつっこみつつ。

でさぁ、と私が話そうとすると「まぁ聞け」とまだまだ話したりないおしゃべりな男。

がら空きのファミレスで、ドリンクバーとポテトをつまみながら2時間、なんとも健全におしゃべりを楽しみ、お互いすっきりして解散しましたとさ。

 

・・・・となる予定だっただが。

♂「疲れたなー。あ、この辺ホテルあるよ。カラオケもできるし」

はぁ!??ファミレスは?

♂「いやなんにもする気ないから(笑)横になりたいだけ。今更だろ?」

まあ確かに。そもそも生理中で何もできんし。

結局、ラブホ休憩2時間に入るという謎の展開。

♂「いやー、こうやって寝転んでお前と話したかったんだよな」

つって、満足そうにタバコふかしながら延々と女の話を聞かせてくる。

なんなんだこいつ。笑

いや、話は面白いし楽しいけどさ?

なんなんだこの男。

密室のベッドの上、手の触れる位置に(一応)妙齢の女が寝てるっつーのに、勃起のひとつもしないなんて。

♀「xxってゲイなの?」

なわけねーだろ。笑 と、私の手をとって自分の股間に持っていく。わ、勃起してるじゃん!

ゲイかEDなんだと思ってた、と言うと笑いながら頭を小突かれる。

友達と思ってるから、手を出して関係が壊れるのが嫌なんだとか。一度やっちゃうと興味なくなるタイプみたい。

♂「彼氏いるのに俺とラブホ入るとかxx最低やな」

ニヤニヤしている。完全に人をおちょくっている。

いやなんにもしてないけどね!

まぁはたから見たらそんなの通用しないだろうけど。

結局2時間ずーっと喋って笑って、車で家まで送ってもらって解散。(たまに勃起チェックはさせられたが)

元気でな、とハグして車をおり、帰宅したら御膳3時。

お互いよく喋ってストレス発散にはなったかな。

全身にしみついたタバコのにおいをすぐにシャワーで全部洗い落として、ベッドにもぐりこんだ。