読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食欲と性欲の狭間で

生きている、頭からっぽ公務員@アラサーの女子日記

串かつデート@月曜日

2月29日。

まだまだ寒かった月曜日の夕方、残業ムードの職場をなんとかやり過ごして抜け出し、駅へと急いだ。

半年ぶりに元彼と食事する約束だった。

地下鉄の改札を出ると、柱にもたれかかって微笑んでいる奴がいた。

 

「寒いね」

「久しぶりすぎるな」

挨拶もそこそこに早足で店へ向かう。

駅から15分くらい歩いた所にある、隠れ家っぽい串かつ屋さん。

事前に予約してくれていて、カウンターに横並びで座ると、すぐにあついおしぼりを渡された。

ああこの店もふたりで見つけて、よく通った場所だったっけ。と懐かしく思い出したりして。

 

あの頃よりずっとスマートにコートを掛けてくれ、イスを引いてくれる男の成長ぶりにちょっとうろたえたり。

とりあえずビールで乾杯。

お互いの近況や仕事のこと、海外旅行話、異動の話など

積もる話は尽きることがなく。

私はやっとできた彼氏ののろけ話をしまくり。

向こうは向こうで彼女の愚痴(とみせかけたのろけ)をかましてきて。

いわく「専業主婦になりたがるのが嫌。共働きでいたい」

「デート代は全部俺もちなんだよな。いや別にそれはいいんだけど、後輩だから。でもそれをあたりまえと思ってるところが嫌」

「好きって言ってって言われるのも嫌。言わされるもんじゃないだろ?」

SATCで言うとキャリーみたいな、女女した恋愛脳な子らしい。

といいつつも私が「でもかわいいんでしょ?彼女の笑顔見たら嬉しいんでしょ?」

と聞くと、うん、と言う。

はいはい。文句言いつつも仲良しな感じ、わかりまっせ。

3万円のネックレスとか、ホテルニューオータニでの記念日ディナーとか、ザ・王道なもてなしが好きな女らしい。

ふーん。面白いの?それ。でも彼女喜ばすのは簡単そうだよね。でも私のときはそんな高いネックレスなんて買ってくれなかったのに、とか今更腹立たしかったり。

と、なんとも楽しい宵であったのだ。途中までは。

日本酒がすすみ、ちょっと酔っ払って来た奴がペラペラ抜かしやがった。

「xxと別れてからすぐ東京の子と付き合ってた。1年くらい」

「そのあとちょっと遊んでた子がいた。今の彼女とは1年ちょっとかな」

いやいやいや

聞いてませんが?

今の彼女のことは聞いてたけど、その前の2人は初耳だ。

別れて3年近く、何度も2人で飲んだり遊んだりしてたくせに、わたしには隠し通していたわけである。

このクソ豚野郎!!!

わたしが未練タラタラでしょっちゅうメシに誘っていた時期(別れて1年くらいのころ)に、私とも会いつつ(ちゅーぐらいはしてる)ぬけぬけと彼女作ってたなんて。

本当にコイツ、クズ野郎だわ

21時過ぎてこの爆弾を落とされ、一気にテンションダウンした私。

トイレにたって戻ってくると会計済ませてくれてたので

店を出ることに。

イライラしたまま地下鉄へ向かい、反対方向の電車に乗って別れた。

 

ったく、私もたいがいビッチだけどコイツも相当なもん。

いや、私と付き合い始めた頃は女経験なくて童貞でウブな奴だったのに。時の流れを感じる・・・。

 

まとめ。

元彼と会ってもいいことなんてない。

同じ仕事してるので、普通に仕事の話と大学の共通の友達の話だけしてたら楽しいのだが。

女の話を、無心では聞けない私がいる。勝手に心がザワつく。

彼氏いるくせに、もうコイツのことなんて好きでもなんでもないのに、なんでもやっとするんだろう。

今の彼氏にはない魅力(知的な所、読書や旅行など趣味が合うところ)がどうしてもたまに恋しくなってしまうんだよな。

けど精神衛生に悪いのでやめよう。

お互いの相手にも悪いしな。

後輩の結婚式に思う

2.20(土)、職場の後輩が結婚式を挙げた。

チャペルでの教会式で、神父の前で愛を誓い合い、指輪を交換、3本のキャンドルに火をともして。

天候は朝からずっと雨だったが、奇跡的にフラワーシャワーの前後30分だけ雨が上がって、皆で花びらをかけてあげることができた。

新郎側の招待客として式・披露宴まで参列したのは初めてだった。しかも着物で行ったため、スタッフに誤解されることしばしば。

新婦の友人と思われて新婦側の席に通されたり、親族用控え室を案内されたり。

そりゃそうだよねー。

春を先取りした桜模様の着物を妹が選んでくれて、

私は写真でみたのと色が違っていてあまり気乗りしないなか着ていったら、周りからはわりと好評であった。

同僚Kちゃんも自前の着物で、私たちの島は特に華やいでいたと思う(自己満足)。

意外とおなか周りもきつくなくて、フルコースのフレンチも問題なく完食。

うまいこと、みぞおちあたりは緩めて着付けてくれるんですわ。さすが。

冬は着物あったかいからいいかも。

ショールもアクセサリーもいらないし。

着付けと脱いだりたたんだりの手間はあるけれどもね。

バレンタインにインフルにかかって結局渡せずじまいだったチョコを、20日夜やってきた彼氏にようやく渡せた。

結局手作りした。

はてなで見つけた、絶対失敗しない生チョコケーキのレシピで、生クリームとチョコを溶かして固めて切り分けて、粉砂糖かけただけなんだけど。

彼氏はたいそう喜んでくれて、「お菓子作れないとか言ってたけど、全然できるじゃん」とか誤解していた。

内心、溶かしただけなんだごめんねと思いつつ、何も言わずにただ微笑んでおいた。

翌日曜日は久しぶりの晴天だったが、超・インドアカップルな私たちは9時起床→いちゃいちゃごろごろ→朝ごはん→昼寝3時間→だらだらテレビ→たこ焼き作る、でずーっと引きこもって過ごしていた。

「俺ら、毎回こんなだけどいいのかね?」

そんな言うならデートつれてってよ、とも思うが。

この人と一緒にここに絶対行きたい!!みたいな場所も今のとこないし、土曜結婚式で疲れたからゆっくりしたかったし。今回はまあいいんだ。

こんなとき、あの人だったら

「xxを連れて行きたいところが沢山あるんだ」

とか言ってリストアップして計画立ててつれてってくれたのにな。とか。

3年前に付き合っていた男は「きれいなビーチと海がみたい」って深夜1時にリクエストしたら、郊外の砂浜まで2時間ドライブしてつれてってくれたっけ。

あの朝焼けの海景色は今でも忘れられない。

11月の早朝、海からのぼってくるオレンジ色の太陽と輝く海、私たち以外誰もいない砂浜。

あったかい缶コーヒーを飲みながら少し散歩して、キスしたっけな。

人生ってきっと思い出集めの旅なのだと思う。

一瞬のきらめきみたいなうつくしいものを、見せてあげたり見せてもらったり、一緒に見つけにいったり。

そういうことが一緒にできる恋人同士でありたいと思うのだけれど。

彼は、優しくて誠実な人だけれど、きっとこういう話わかってくれないような気がする。

私が心の栄養だと思って大事にしていることに、彼はほとんど興味を示さない。

話題を振っても話が続かないので、最近は考えを変えて

「これは彼向きの話題、こっちは彼向きじゃないからあっちで話そう」と選別するようになってきた。

食の好みや笑いのつぼはぴったりなんだけどなあ。

こころとからだ、すべてぴったりくる異性って本当に少ないし、そんな人と恋人同士になれる確率なんてもっと少ない。

ある程度の妥協をしながらみんな生きてるんだろうなあ。

と、とりとめもなく考えていた、日曜の夜。

バレンタイン

V.Dayの仕込みをしようと、スーパーで板チョココーナーに行ったけどひとつもなかった@11日午後9時

みんな考えること一緒やな!

生クリームやバターはまだあったのでとりあえず買ってきたけどチョコがないと始まらん!

3年ぶりに手作りするつもりだけど、やる気半分めんどくささ半分・・・。学生時代は暇だったからフォンダンショコラとかケーキとか焼いてたけど。

アラサーともなると、材料買いに行ってボウル泡だて器諸々出して作って片付けてラッピングしての作業を想像するともう面倒で。

パーッと金かけてジャンポールエヴァンでも買って渡せば楽なんだよね。そうしようかな。

当初の予定では、出張で今週から2週間いないはずだったのに結局来月にずれこんで、会えることになったばっかりに。急遽バレンタインチョコ問題に直面している。

本命チョコもらうの久々だ、と無心に楽しみにしているのでね・・・。渡さないという選択肢はない。

買うか作るか作るか買うか。13日までぐだぐだ迷いそうだ・・・。

ベッドの柱に手錠でつながれ、正上位で奥をガンガン突かれていた。

声我慢しろ、と耳元で言われているのにできないでいると口をハンカチでふさがれる。

汗だくになりながら私の隅々まで征服しつくしてとても満足そうである。

いきつかれてぐったりしている私の髪の毛をずっとなでてくれるのにさえ感じてビクビクする体。

下着をはかせて布団をかけてくれる。

幸せに安心しきってすーっと深い眠りに落ちた。

朝目が覚めると、視線を感じて横を見ると彼が私を見つめている。

それはそれはいとおしそうな目である。

手をつないで階下のお風呂へ行き、一緒にシャワーを浴びる。

たっぷり泡を立てて髪と体を洗う。

寒いだろ、とずっと熱いお湯がかかるようにたたせてくれる。

勢いよく髪の毛を洗ってシャワーで流している姿。

朝日に照らされた大きな瞳と長いまつげに見とれているとまた不安になって、言わなくていいのに口に出してしまう悪い癖。

「私よりもっといい女の子いるんじゃないかなあ」

「出た、またその話」

他にはいないし探す気もないって言ってるだろ、と半ば切れ気味に返される。

元喪女はまったく自分に自信が持てなない。いつかポイされるのではないかという不安がぬぐえない。

愛すればするほど心配になる。

諸行無常。人は必ず飽きる。

「私、白ご飯みたいな女になる」

たまにはパンとかパスタとかうどんとか食べたいだろうけど、やっぱり白ご飯が食べたくなるじゃん?

彼は苦笑していたけど。

そんな白い米粒みたいな女に私はなりたい。

生理前の闇落ち

PMSの症状。

 

1.悲観的になる

なにもかもネガティブになる。

LINEが1時間既読にならない、嫌われたんじゃないか。

今夜は沈黙の時間が長い。あたしの話、そんなにつまらないんだろうか。

目を見て話してくれない。あたしの顔に飽きたんだろうか。

こんなことばかり考えていた土曜日。

大雪で人も車も消えた町をひとり帰っていく彼を見送って、一緒にいたときよりほっとしているくせに、振られるんじゃないかいう不安で泣きそうになったりしていた。

 

2.とまらない食欲と性欲

常に何か口に入れていないと落ち着かない。

仕事の帰り、駅前のコンビニでフライドポテトやらチキンやらあらびきソーセージなんかの、脂肪x塩分の塊に、家に着くのももどかしく、歩きながらかぶりつくと、やっとひとごこちつくといった感じ。

そして、夕食にしっかり一汁三菜食べたのに、口寂しくなってチョコレートをつまみ、塩気を欲してポテチの袋を開け、暖房でほてったからだにアイス。。と際限ない。

性欲も亢進する。3日くらいしなでいると、夢いきすることすらある。指1本動かさないで脳みそだけで逝くのは、セックスで逝くのと変わらないくらい、ものすごく気持ちいい。

 

3.肌が荒れる

あごや口の周りに吹き出物ができる。

食生活が荒れるんだから仕方ないが、ふだんはできないような大きな赤にきびができるのが困る。

 

4.眠い

寝ても寝ても眠たい。

 

そうこうしていたら生理が来る。

あのどうしようもない不安の原因はPMSだったのか、と少しほっとする。

 

不安になると、つい他の男に頼りたくなるのはなぜなのだろう。

女友達ではなくて男。

元彼とか、先輩とか友達とか。

このあいだ整理したはずのトーク履歴を、また表示させようとしたり。

泣きついて、全部肯定して甘やかして欲しい、お前は大丈夫だって抱きしめてほしくなる。

彼氏ではないほかの男からの裏づけが欲しくなる。

でも今回はまだ実行には移していない。

とりあえず他のことをして気を紛らわしている。

寂しいときに一番気軽に呼び出せた男の連絡先は、2ヶ月前に完全に消してしまった。

こういう夜はもう私には来ないと、あっさり消してしまったことを、いま少しだけ後悔している。

いやしかし、この寂しさを、今の彼氏に全部ぶちまけたら、きっと引かれてしまうんだろう。

相手の多忙さ、疲れをじゅうぶん知っているから甘えられない。

いや、けど今夜はちょっと甘えてみようかな。

どうしようもなく寂しくて抱かれたいんだって泣きついてみようかな。

捨てられたらどうしようって不安だと告げたら、なんていわれるだろう。

否定されなかったらどうしよう。

ああだめだ、今夜は本当にもうだめ。

お風呂でも入ってさっさと寝よう・・・。

公務員って実はブラック。

世間では「安定してる」だの「退職金がでかい」だの言われて、不況下ではたいへん人気の公務員であるが。

 

こっそり言いたい。

部署によってはものすごいブラックだと。

100時間残業や、明け方6時まで仕事したとか、職場に簡易ベッドがあって2日帰宅してないとか、ザラにある。

さらにパワハラ・セクハラ上司も多数いる(しかもクビにされない)→メンヘラ病休する若い子続出→多忙でさらにメンヘラ増加、っていう悪循環の部署多数

 

うちの職場も、人件費削減の名のもとに4年前から2人も頭数を減らされ、今年は病休をひとり抱えて3人減の状態で、なんとか必死こいて回してきた。

 

もう3ヶ月ほど、毎月50時間程度の残業が続いている。

うち半分はサービス残業で、自主的な早朝出勤、土日出勤もしまくって、なんとか仕事が回る感じ。

そんななか、上司からとうとう「残業代の予算が底をついた」と。

残り2ヶ月半、クソ忙しい年度末を、全部サビ残でのりきれというのである。

(追加予算を要求中だがいくらもらえるか、そもそももらえるのかも不明)

同僚たちは怒っている。

「慈善事業で仕事してるんじゃないんだぜ!?人は減らすは残業代は出さないわ、どんだけ搾取するんだ」と。

そいつは1時間でも残業したら、キッチリ残業代を申請するタイプなので怒るのはもっともなのだが。

 

「ほんとだよね。うんうん」と頷きながらも、私は内心「おまえの仕事のクオリティはそんなに高いか?」とも思ったのである。

もっと効率よくめいっぱい仕事したら、残業しなくてもすんだんじゃないか?

どこも、わたしたちみたいな職場ばっかりなのだ。

残業代は出なくても、ボーナスや各種手当、基本給が毎月もらえるだけでもありがたい、とみんなサービス残業してるんである。

声がでかい人にだけ予算がついて、おとなしくサビ残してる人は泣き寝入りって、それも不公平だろ。

金、金、金と全部お金で解決するなんてあさましい。

税金で食わしてもらっている公僕の身、贅沢はいえないのだ。けっこう真面目に自分に言い聞かせつつスマイルq円で仕事をする毎日。

残業代がでないんだったら、どうすれば定時で帰れるか、を人は考えるようになる。

残業せずにいかに時間内で効率よく仕事をこなすか、に集中していけばいいのだ。

私にとっても係にとっても成長の機会。

がんばるぞ。

 

姫はじめと2016年の目標5つ

2016年、とうとう三十路を迎える年がスタートした。

1/3(日)、彼氏とあけおめことよろ初詣→初売り→うちでセックス→爆睡→セックス→メシ→セックスで解散。

申年だから?今年もサル並みに交わりあって仲むつまじい私たち、上々のスタートであった。

帰り道、手をつないで歩きながら今年の目標を話し合った。

昨年たてた私の目標

・友達、職場の人たちを大切にする!

→まずまず達成できた。うちで鍋会したり飲み会企画したり。新しく入ってきた後輩や、習い事で知り合った方たちとも仲良くなることができた。

・笑顔たくさんで過ごす!

→まずまず達成!年々人が減って忙しくなる職場で、いつも笑っていられたのは同僚Kちゃんのおかげである。いつもポジティブでユーモアあふれる彼女に、私だけでなく係の皆が救われているのではないだろうか。感謝感謝である。

 

・3キロやせる!

→こんな目標たててたっけ?全く達成できてない、どころか1kg増えてる!やばいやばい。

 

・彼氏(婿様)見つける!→嫁に行く!

→10月に彼氏できたのでまずはよしとしたい。本年は、「コイツを扶養したい」と思われることが目標。

 

・凹んでも、寝て食べて人に甘えて元気になるまで無理しない!

→まさにコレに尽きる一年であった。食べて寝て人に甘えさせてもらった、ありがたい一年。

 

・美味しいご飯を作る!

→おいしいかどうかはともかく、自炊の回数は確実に増えた。彼氏ができて、ご飯を作ってあげたり作ってもらったり、一緒に作ったりする機会も増えた。

 

これを踏まえて2016年の目標

①彼氏、友達、職場の方たちを大切にして感謝の気持ちを常に言葉にして伝える。

②笑顔たくさんで過ごす。

③美味しいご飯を作る。

④ながら筋トレ、寝る前5分ストレッチを続ける。

⑤キッチン、お風呂場を中心に、月1~2回はしっかり掃除をする。

そして何よりも、メンタル面の健康が大切!

嫌なことやへこむことがあっても、うまいもん食べて、ふかふかのお布団でぐっすり寝て、朝はすっきり目覚めたい。

疲れる前に休むことも仕事のうち。年休を計画的に入れて、ちゃんと休む!

 

そして今日、1/11(日)

週末を彼氏の家で過ごしていた。

UFOキャッチャーで手錠をとってきた、というので試しに柱につながれてみたらもう止まらない。

服を剥ぎ取られて乳首を吸われ、クリを責められ正上位でぶち込まれ、1時間責めに責められて狂う。

今年もどM全開でいきまくって爆睡。

目を覚ますとメシ作ってくれてた。今日何の日?

ご飯食べてまたセックスして風呂でもいちゃついて2時すぎに就寝。

そんなこんなしてたら早朝から彼氏の体調が急変、嘔吐下痢腹痛で高熱を出してしまった。

ノロウイルスか?食あたりか?いや、それならあたしもおなじもん食ってんだから症状でるはず。

おとといまで出張で関東に行ったりと、年始から多忙だったから免疫が落ちて、何かしらのウイルス性の胃腸炎になったのではと推測。

38.5度の熱で全く動けない様子。

固形物はいっさい食べられないので、アクエリアスとお茶とウイダーを大量に買ってきておいたが。

明日まで具合が悪いようなら病院へ行ってねと強く言い置いて帰ってきたが、心配である。

「弱ってるからかなあ。愛を感じるわ。ありがとう」

ストローでアクエリを飲ませてあげてると、彼がちょっと涙目でつぶやいた。

こんな私にも母性らしきものがあったとみえる。

熱であつくほてった彼の頬に手を当ててキスしてあげると、なめてっていってくる。

おいおいおいおいいい話台無しやないか!

ちんこギンギンやないか。

腸炎で熱あっても男ってエレクトするんやね、もう呆れるわ。

涙目で懇願されたのでしぶしぶなめてあげる。

まったく男ってどうしようもなくてかわいい。。

ああ、はやくよくなってくれますように。

六本木の夜

地上22階の部屋から見下ろす夜景は、思ったよりもキレイじゃなかった。

生まれ育った港町から見ていた夜景のほうがやっぱり好きだ。

 

東京に住むその男とは、4年前にツイッターで知り合って、一晩一緒に過ごした。

インターン中に風邪で高熱を出し、ホテルの部屋でひとり、心細く寝込んでいた私を見舞って、あたたかいスープとパンを届けてくれた優しい男だった。

京都生まれの品のいい顔立ちで、ひょろっと背が高くて色白。ちょっとこっちには少ない風貌の男。

中年にさしかかっているとは思えない、女のようにきめ細かくてすべすべな肌が印象的で、手を握った瞬間から、体のどこかがぴったり合うような予感がした。

その夜の記憶がお互い忘れられなくて、再会の機会をずっとさぐっていたのが、やっと実現したのだった。

「今度、東京へ行きます。金曜の午後から」

「じゃあ午後休み取るから一緒に過ごそう。アークでご飯たべてホテルに戻ろう」

4年ぶりに、明るいところで会ったその人は、黒縁メガネの長身で、やっぱり変わらず素敵だった。

もうアラフォーになったのか。そりゃあたしもアラサーだもんな。

積もる話を2時間ほど。スタバでコーヒーとチャイをテイクアウトして部屋へ戻る。

なんだろう、このしっくりくる感じ。

4年前、たった一度寝ただけの男なのに不思議。

下りエスカレーターで、前にいる私を後ろからやさしく抱きしめて「待ってた」ってささやいてくる。

腰が砕けそうになるからやめて。笑

テーブルに向かい合い、コーヒーと私が持ってきたお土産をつまみながら喋る。

そう、この人とは普通に話していても面白いから困る。

外国旅行と語学が好きで、文系脳ってところも共通しているもんだから、気が合うこと合うこと。

おしゃべりで終わってしまいそうな気がして、私は彼のひざの上に移動した。

「あたしも会いたかった。あの夜が忘れられなかった」

「俺もだよ」

ああ、このキス。とろけるように優しい舌使い。

なんでそんなに上手なんや。

中心からあふれて濡れている。もうだめだ。脳みそがとけていくこの快感。

清潔なシーツの上に押し倒される。

まずはストッキングから脱がされ、スカートをまくりあげられ、下着も剥ぎ取られる。

この人、ものすごくクンニが上手で、歴代ぶっちぎりトップのテク。

吹きまくりながら一回目の昇天。

服を着たまま挿入。

あまりの気持ちよさに、一流ホテルということも忘れてあえぎまくってしまう。

吹きすぎて濡れそうなので服も全部脱いで交わる。

騎乗位で二回目の昇天。

このへんから記憶が怪しい。ろれつが回らない。

「ちょっと休憩しようか?」

と止めてくれ、腕枕でしばらく気を失ったように眠る。

いくと眠くなるの、なんでだろ。

ぱちっと目を開けると、その人は「寝顔ずっと見てた。いとおしくてたまらない」

そういってまた私の全身を舐める。

舌でクリを舐めあげつつ、中指で優しくGをこすってくる。

これされたらすぐいっちゃう。

3度目の昇天、腰はえびぞりで全身を張り詰めさせる激しさ。

もう気持ちよすぎて涙出るわ、潮でシーツはびしょぬれだわ、ベッドも枕も大変なことに。

「最後は顔みながらいかせて」

正上位で彼は私に全部を放出した。

長い長い射精で、びくんびくんするのを感じながら私はもう死んでもいいと思った。

そのまま私の上でぐったりするその人の柔らかい髪の毛をなでながら、私ははじめてその人の奥さんに嫉妬していた。

こんなに体も心も合う人が、もう誰かの夫なんて。

「どうしてxxさんは結婚してるんだろうね?笑」

「なんでだろうね。笑」

xxちゃんと20代で出会って痛かったなあと彼はつぶやいた。

その頃私、10代だけどね。笑

きっと、お互い責任がないから体だけにのめり込めるんだろうな。

家賃とか光熱費とか食費とか親戚づきあいとか子育てとか、そういう日常がからまない関係だからこその。

やっぱりこの人と会ってよかった。

こんなに素敵なセックスができる人と、この世でひとり出会えたことに感謝。

ふりかえると、自分の性欲の強さに突き動かされ、振り回され、コントロールできない自分に嫌気がさしたことも多かった20代だったけど。

30を目前にして、性欲との付き合い方が少しわかってきたような気がする。

30代はうまく乗りこなしていけそうな予感が、なんとなくある。

素敵な思い出をそっと集めていけたらいいな。

次、この人といつ会えるかはわからない。もう2度と会えないかもしれないけど。

また会う日まで、私のこと忘れないでいてくれたら嬉しい。